ご希望のスポーツショップ情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

マーケットピア
スポーツショップ
トップページへ戻る
トップページへ戻る

秋のスポーツショップ情報

楽しいスポーツの秋に!全国のスポーツショップ・スポーツ用品店特集



厳しい暑さが落ち着き、過ごしやすくなる秋。スポーツに取り組んでみるのはいかがでしょうか。しっかりと身体を動かして、寒い冬を耐え抜く体力をたくさん養っておきたいところ。まずは、スポーツに取り組むのに必要な用品を販売するスポーツショップやスポーツ用品店についてご紹介します。

スポーツショップ・スポーツ用品店とは

スポーツショップ・スポーツ用品店とは

スポーツショップもしくはスポーツ用品店とは、いろいろなスポーツをするときに使用する道具や、着用する衣服などを購入できるお店。野球、サッカー、バスケットボール、陸上などの日頃よく目にするスポーツに限らず、自転車競技やトレッキングなど特殊なスポーツで必要となる商品も豊富に揃っているのが特徴です。ここで扱われている商品は、ボール、ウェア、シューズなどのスポーツ用品にとどまりません。プロテインなど身体作りのために必要な物も見つけることができ、中には、店内でおいしくプロテインが飲める小型店舗を設けているお店もある程です。他にも、キャンプ用品や子ども用プールなど、スポーツや屋外イベントに関する商品を販売しているスポーツショップもあり、多くの人に利用されています。

大型店と専門店との違いについて

たくさんのスポーツ店がありますが、その中には大型店もあれば専門店もあります。その違いについて紹介しましょう。まず、大型店の特徴は、複数分野の商品が数多く取り揃えられていること。その数は数十万点にも及び、長時間滞在しても見切れないほどの品揃えです。大型店のほとんどが、面積はもちろん天井高もあり、開放感のある店舗になっています。訪れる人も千差万別。レベルも初心者から上級者まで様々です。また、スポーツへの取り組み方も、娯楽感覚の人もいれば、運動不足の解消を目的とする人、アスリート顔負けに本格的に取り組む人など、人それぞれ。大型店は、このような幅広い層のニーズに対応しています。一方で、「サッカー用品専門店」のように、スポーツ専門店は特定分野の商品をメインに扱っているお店が多いです。ひとつのスポーツに限った商品がたくさん並んでおり、店員さんもその分野においてのスペシャリスト。そのため、専門的な内容を尋ねたいときは、専門店へ出かけるのがおすすめです。スポーツ用品店は、この他に「ナイキ」や「ミズノ」などのメーカー直営店があり、こちらも各ブランドの愛用者から愛されるお店。他にも、駅ナカ、駅近など、場所に合わせたスポーツ用品専門店も年々増えてきました。これらの場所にあるスポーツ店は、小型店舗ではありますが、地域の特性に合わせた品揃えになっており、通勤で気軽に立ち寄れる便利なスポットとなっています。

ジュニア用のスポーツ用品について

スポーツショップによっては、大人のための商品だけでなく、ジュニア用の商品も取り扱っています。ジュニア用品を購入するときの注意点は、子どもが実際に行なう競技と年齢に合った道具を、適切に選ぶこと。例えば、どの長さの野球バットにするかという点だけでも、年代によって基準が変わるので注意が必要です。小学生時代は子どもの腕の長さに1.3cmを掛けた長さがいいとされていますが、小学校高学年以降は82 cmのバットを最短でも使うようになります。長さだけではなく、他にも素材や形などの条件によってスイングが変わるので、道具選びは慎重にしましょう。野球にも軟式野球やボーイズリーグなど、いろいろな種類があり、種別によっても使用可能な道具は変化。身体に合っていて、上達しやすい道具をしっかり選択することが、上達のためのコツと言えます。部活や習いごと用にスポーツ用品が必要なときは、スポーツショップ・スポーツ用品店へ出向き、しっかり相談してみるのがおすすめです。夏よりも少し涼しくなって外でも活動しやすい秋に、思う存分スポーツに励み、季節の寒さや流行の病気に負けない丈夫な身体を作りましょう。

ロード中
ロード中
ロード中

初心者からセミプロ級まで、秋はやはりスポーツの季節。スポーツショップでは、それぞれの専用グッズを購入できるだけでなく、自分のレベルに合わせたスポーツ用品を選ぶことができます。

スポーツ初心者におすすめ!ウォーキング

スポーツ初心者におすすめ!ウォーキング

「スポーツの秋」は、タイムや距離などの記録を競い合う本格的なスポーツ愛好者にだけでなく、日頃あまりスポーツに馴染みのない人たちに向けての言葉でもあります。「もっと健康で快適な暮らしをしたい」という人にとっても、「お腹周りが気になりだしたからダイエットをしたい」という人にとっても、そして「近頃、体力が落ちてきたのかもしれない」と感じている人にとっても、「スポーツの秋」は自分の身体を見直す良いチャンスです。

スポーツ初心者におすすめのメニューと言えば、ウォーキングがまず挙げられます。暑さも和らいだ季節に、日に日に高くなっていく雲の形や色づいていく木の葉を見ながら歩くのはとても心地良いものです。そして、ウォーキングは緩やかな有酸素運動でもあるため、ダイエットや生活習慣病の予防などにはハードなスポーツよりも適しているとも言われています。何より気持ち良く健康を目指していけるということは、スポーツに慣れていない人にとって始めやすく続けやすいメリットがあります。

実際にウォーキングをする際には、普段歩いているよりも少し歩幅を広げて歩くことがポイント。そうすることにより、普段の生活で使われていない部分の筋肉を使うことになり、消費されるカロリーも増える効果が認められているからです。

また、自分の足に合ったウォーキングシューズを選ぶことも忘れてはなりません。ウォーキングシューズは、人が歩く際に使う足の裏にある筋肉の動きを考慮した設計になっているため、まさに「歩くためのシューズ」であるからです。まずは自分の足にピッタリ合ったウォーキングシューズを、スポーツショップのスタッフに相談して決めることをおすすめします。

秋の景色をポタリングで楽しもう

有酸素運動と言えば、自転車も見逃す訳にはいきません。歩いたり走ったりするよりも疲労しにくく、なおかつカロリーの消費量も脂肪燃焼効果も高い有酸素運動であることが、自転車での運動の特長でもあります。また、全身の筋肉の7割以上を占める下半身の筋肉を有効に使う運動であるため、非常に効率的なスポーツであることも注目すべきポイントです。

自転車によるスポーツには、大きく3つに分類されています。長距離を走る「ツーリング」、ある程度のスピードを保ちながら中距離を走る「サイクリング」、そして短距離から中距離をぶらぶらと散歩するように気ままに走る「ポタリング」。この中で初心者でも取り組みやすいのは、もちろん「ポタリング」です。前述の通り、自転車は漕ぐだけで効率的な運動になるため、ぶらぶらと散歩のような乗り方であっても効果が期待できるのです。そして、自転車を走らせると自然に風に吹かれる状態になります。歩いているときや走っているときには感じられない風量の風を自転車では感じられるため、運動による体温の上昇が抑えられ、疲れを感じにくくなります。

スポーツショップでは、自転車用のウェアやグローブなどを取り揃えている店も多く、またそのような店には専任スタッフが常駐している場合も多いため、気軽に相談できます。また、チェーンキーや水分補給用のボトル、ボトル用ホルダーなどの自転車専用グッズも多く、自分に合った物を選ぶ楽しみもあります。

秋らしくなっていく景色を見ながらの自転車はとても気持ちが良いもの。近場の紅葉の名所まで、自転車でポタリングするのもおすすめです。

マラソン・ジョギング情報も店頭で収集

スポーツショップでは、あらゆる種目用のウェアやグッズが取り揃えられており、機能面もさることながらファッション性においても優れた商品が勢揃いしています。

スポーツショップ店頭で占める面積が多いスポーツ用品と言えば、マラソンやジョギング関連の商品です。発汗性が良く軽量だけでなくおしゃれなウェアや、どこまでも走れそうなランニングシューズなど、目移りしてしまいそうな程、豊富な種類が販売されています。

そしてスポーツショップには、種目専任のスタッフがいるため、より専門的なアドバイスを気軽に聞くことができるというメリットもあります。どのシューズが自分に合うか、といった相談はもちろんですが、近々開催されるマラソン大会やジョギングイベントの情報などにも詳しいスタッフと話をするのも楽しいもの。よりスポーツが身近に感じられるのが、スポーツショップのもうひとつの特長でもあるのです。


秋はスポーツを楽しむには最適の季節で、スポーツショップにも様々なスポーツグッズが並びます。1964年の東京オリンピック開催を記念して制定された「体育の日」は、国民のスポーツ熱を高め、体力づくりへの意識を向上させる目的があります。この時期にスポーツを楽しむ場合には、自分に合ったウェアを着ることが大切。スポーツショップで楽しむスポーツに合わせて選びましょう。

また、レジャーとしても知られる釣りですが、この時期に楽しめるバスフィッシングは競技要素を備えたスポーツフィッシングで、多くのマニアを魅了しています。

体育の日(10月第2月曜日)

体育の日(10月第2月曜日)

スポーツが盛んになる秋の祝日として、体育の日があります。この日は「スポーツに親しみ、健康な心身を培う」ことを目的としており、公共のスポーツ施設では無料開放をしたり、利用料金を割引するところもあります。

体育の日が国民の祝日に制定されたのは、1966年(昭和41年)。その2年前の1964年(昭和39年)に、日本で初めてオリンピックが開かれたことを記念し、その開会式が行なわれた日を祝日としました。それ以前は、1961年(昭和36年)にスポーツ振興法が制定された際に、10月の第1土曜日を「スポーツの日」としていましたが、この日は祝日ではありませんでした。2000年(平成12年)からは、「ハッピーマンデー法案」によって、10月の第2月曜日が体育の日に当てられています。

体育の日には、各地でスポーツイベントや運動会が盛んに行なわれ、スポーツショップには様々なスポーツグッズが並びます。トレーニングウェアから各種スポーツに合わせた関連グッズ、体力づくりや健康維持グッズなどラインアップが幅広く、買い求める人たちの目を楽しませます。そんな体育の日はスポーツウェアに身を包んで、好きなスポーツや得意なスポーツにチャレンジしてみましょう。日頃から運動をしていない人は少しでも体を動かせば運動不足が解消されます。日頃からスポーツに親しんでいる人はレベルアップや記録更新など、新たな目標を定め、トライするのも良いでしょう。体育の日は国民をスポーツに目覚めさせてくれる休日でもあるようですが、2020年に再び東京で開かれるオリンピックの開催期間中は、国民のスポーツ熱もヒートアップすることが期待されます。

秋のスポーツはウェアから

スポーツの秋にふさわしく、秋は各地でスポーツの大会やイベントが開かれます。市民参加の大会なども多く、少しでも記録を伸ばしたり良い成績を残したい人は、ウェアに気を使いましょう。競技によって専用のウェアを着ることが多いのですが、市民参加のものは比較的自由な格好の人が多くいます。参加するにはTシャツと短パンでも充分ですが、やはり本格的なスポーツウェアは機能性も高く、体への負担も少なくて済みます。スポーツウェアを選ぶときは、少し余裕を持たせながらも体にフィットした物を選ぶようにします。デザインやカラーは好きな物で構いませんが、汗を吸収しやすく伸縮性のある物が良いでしょう。アンダーウェアはコンプレッションウェアを着用すると、疲労を軽減させ、筋肉のムダな動きもなくなり、自分の能力を十分に発揮できます。

スポーツウェアを着ればテンションも上がり、予想以上の記録が出るかも知れません。

バスフィッシング

秋晴れの休日には、堤防や河川敷などで釣り糸を垂らす人が多く見られます。10月10日は「10(と)10(と)」の語呂合わせから、全日本つり団体協議会と日本釣振興会が1977年(昭和52年)に「釣りの日」に制定しました。一般のスポーツショップでも釣り関係のグッズがいろいろ並べられていますが、本格的な道具を揃えるには釣り道具専門店がおすすめ。初心者向けから上級者向けまで、いろいろな商品が揃っており、さらに海釣り、磯釣り、渓流釣りなど釣りのスタイルによって最適なグッズが選べるようになっています。

釣りと言えばレジャー的要素が強いイメージがありますが、バスフィッシングのように競技会が開催するスポーツフィッシングもあります。釣った魚が目的ではなく、釣ること自体のゲーム性を楽しむフィッシングスタイルで、釣った後は魚を逃がす、キャッチアンドリリースが原則です。バスフィッシングは、川や湖に生息するブラックバスを釣り上げるもので、ルアーを使って行なうのが一般的。アメリカではバスフィッシングが盛んで、ゴルフトーナメントのように賞金が出る大会もいくつか開催され、プロ選手も多くいます。

バスフィッシングは、ロッド(釣り竿)、リール、ライン(糸)、ルアーを用いて行ない、狙ったところにルアーを投げるキャスティングがポイントになります。ブラックバスは通常、石やアシなどの物陰に隠れていることが多く、そうしたバスが身を隠す場所を選んでキャスティングします。バスフィッシングで使われるルアーには多くの種類があり、ハードルアーとソフトルアーに大別されます。スポットに合わせてルアーを使い分けることで、釣り方の幅が広がり、楽しみも充実します。

この秋は、道具を揃えてバスフィッシングにチャレンジしてみてはいかがでしょう。


秋はスポーツをする上で、最適の季節です。そのため各地では、スポーツのイベントや大会も数多く開かれます。スポーツショップでは、数多くのジャージを取り揃えている他、オリジナルユニフォームなども作れるようになっており、チームの仲間と「つくる楽しさ」を味わうことができるだけでなく、連帯感を感じることもできます。この秋は、オリジナルユニフォームを作り、チームワークの強化等に使ってみてはいかがでしょうか。

ジャージのトレーニングウェア

ジャージのトレーニングウェア

秋は運動会や市のスポーツ大会をはじめ、トレーニングウェアを着る機会が多くなります。トレーニングウェアの生地と言えば「ジャージ」が有名ですが、そもそも「ジャージ」とは、「ジャージー編み」というニットの編み方で作られた衣類を「ジャージ」と呼んでいます。ジャージー編みは、伸縮性があり、強く破れにくいため、トレーニングウェアやユニフォームでよく使われるようになったことから、一般的に「ジャージ」と言えば、「トレーニングウェア」を指す場合が多くなりました。主にスポーツ用として使われてきたため、ファッション性の高いジャージはあまり作られていませんでしたが、最近ではファッショナブルなデザインのジャージも登場し、普段着として着る人も増えてきています。以前は原材料に綿やウールなど天然素材が使われていましたが、近年では汗で濡れても乾きやすく、耐久性や伸縮性の高いポリエステルが主流となっており、裏地にポリウレタンや綿を混紡したものもあります。

このため、学校での体育の授業やクラブ活動で使う体操着のほとんどは、ジャージ生地が使われており、機能的にも上着前面部にファスナーが付くなど、着替えやすく体温調節もしやすいデザインになっています。最近では、その機能性の高さから、普段の登下校や遠足などの学校行事でも着用したり、修学旅行などでは、寝巻きとしても用いられています。

自分だけのオリジナルを作ろう

自分だけのオリジナルを作ろう

秋はスポーツをするには絶好のシーズンで、各地でスポーツ大会やイベントが開催されます。この秋は、単に出場するのではなく、仲間とオリジナルのユニフォームを作ってみてはいかがでしょうか。スポーツショップでは、素材、色、デザインなどチームのこだわりや思いを、オリジナルのユニフォームやジャージとして形にしてくれます。

注文方法は、無地、縦縞、ボーダーなどベースとなるデザインと色を選び、背番号のデザインや胸のマークなどオリジナルのデザインを付けていくのが一般的です。サッカーやフットサルでは、衿のタイプや長袖・半袖も選ぶことができます。野球の場合は、ユニフォームだけでなく、帽子やアンダーシャツ、ストッキングなども揃えて、トータルコーディネイトすることができます。さらにオリジナル性を出したいときは、個人名やマスコットキャラクターなどを入れて遊び心を加えてみたりと、思い思いのオリジナルユニフォームを作ることができます。

スポーツショップによっては、デザインから相談に乗ってくれたり、アドバイスももらえるので、まずは一度スポーツショップに行って相談してみましょう。また、スポーツショップによっては、ホームページ上などで、デザインや色を選択すると、出来上がりのイメージをシミュレーションできるサービスもあるので、注文前には参考にしてみましょう。

また、ユニフォームだけでなく、Tシャツ、トレーナー、ウィンドブレーカー、タオル、チームフラッグなどのスポーツグッズも一緒に作ると、チーム色がよりはっきりし、周囲から一目置かれる存在感になることは間違いありません。

また、ゴルフ、テニス、卓球などの個人競技でも、ゴルフボールやラケットに自分の名前を入れるなど、オリジナルグッズを作ることができます。自分だけのオリジナルグッズを作って、他の人と差をつけましょう。