施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のスポーツショップ情報を無料で検索できます。

ホームメイトスポーツショップリサーチ

スポーツ情報

フットサルのスクールに通おう!



サッカーよりも狭いスペースで行なえ、5対5と少人数で楽しめるとあって、社会人を中心に人気を集めるフットサル。接触プレーが禁止されているので危険性が少ないのも特徴です。

フットサルの魅力と学ぶことの利点

フットサルの魅力と学ぶことの利点

フットサルはサッカーの半分というコート面積と、ボールも小さめなことからハードさが軽減。屋内外でフットサルの施設があるので、天候に左右されずにプレーすることができます。必要な道具はボールのみで、スクールの場合ほとんどが練習用のボールを完備。初期費用がかからないのも始めやすい要素のひとつです。スクールでは正しい蹴り方やドリブルの仕方のほか、自分の短所もコーチが指摘してくれるので、学生の頃などサッカー経験がある人でも新しい発見をできるのが利点。また、サッカーよりもチーム人数が少ないため、1人あたりのボールタッチの確率もアップ。スクールで習得した「ボールコントロール」「パス」「トラップ」「ドリブル」「シュート」といったテクニックを実践しやすいので、プレーの楽しさが倍増します。

フットサルスクールについて

フットサルスクールについて

費用はプロを目指すといった特別なケースでない限り、1ヶ月あたり5,000円程度と比較的リーズナブル。スポーツウェアとシューズだけ買いそろえれば大きな出費もかかりません。ウェアとシューズはトータルで5,000~20,000円程度。スクールは初心者から上級者まで通える教室があり、本格的に習いたい場合はプロのサッカークラブやフットサルチームが主催しているスクールがおすすめです。プロアスリートのプログラムを基本に、テクニック、戦術、フィジカルなど、あらゆる面を同時に鍛えられる複合的なトレーニングメニューが充実しています。

気軽にフットサルに参加できるシステムも人気

気軽にフットサルに参加できるシステムも人気

せっかくスクールに通って技術を習得しても、フットサルはチームスポーツなので、ひとりではプレーを楽しめません。スクール対抗での試合の参加や、地域での交流戦などで実力を発揮するのもひとつの手ですが、「ひとりでも気軽にフットサルしたい」という方におすすめなのが、個人参加ができるフットサル。フットサルの個人参加とは、主にフットサル場が主催するイベントで、応募で集まったメンバーでチーム分けをしてゲームを楽しむというもの。レベル分けがされているケースもあり、初心者向けのコースでは女性や40~50代男性の参加者が主流です。個人といっても友人含めて2~3名で参加できるので、スクールで親しくなったメンバーと応募してみるのも良いでしょう。

個人参加フットサルの利点

個人参加フットサルの利点

人数を集める手間が必要ないのが最大の魅力。毎回違ったメンバーとプレーすることでき、応用力が身に付くほか、フットサルを通じて多くの人とコミュニケーションが取れるのも利点です。

注意点

注意点

基本的には初心者も参加できますが、プレーは休憩を挟んでも約2時間程度とかなりの運動量。参加者はサッカーを含め経験者が多いので、まったくの未経験者が興味本位で応募するのはタブーです。

参加費用

参加費用

1プレー1,000~1,500円が主流です。練習の成果を披露したい場合やテレビでサッカー中継などを見てボールが蹴りたくなった場合など、気軽に応募してみてはいかがでしょう。