ご希望のスポーツショップ情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトスポーツショップリサーチ

スポーツ情報

テニスのスクールに通おう!



テニスは老若男女が幅広く楽しめ、古くから親しまれているスポーツだけに、年配者も趣味の一貫として楽しんでいる光景も目にします。ハードルも高くないので気軽に始められるスポーツのひとつです。

テニスの魅力

テニスの魅力

自分のレベルに合わせて楽しめる上、比較的早く上達できるのが特徴。ボールを打ち返し、ラリーを続けられるようになると楽しさとやりがいが倍増し、練習を重ねるごとに瞬発力や持久力が備わります。服装の規正はなく、スクールではラケットのレンタルもできる場合が多いので、「健康な身体作りのため」「ストレス発散」「仲間つくりのため」「趣味を作りたい」など、あらゆる目的から気軽に始められるのが魅力です。

スクールの現状

スクールの現状

地域のコミュニティが開催するスクールから、個人運営の教室、フィットネスジム内やメーカー主催のスクールまで多種多様。ラケットの握り方など一から指導する初心者向けからプロ育成まで内容も充実しています。また、レッスンの場は屋外テニスとインドアテニスがあり、天候や季節に関わらず楽しめ、冷暖房完備で快適にスポーツができるインドアテニスが女性や初心者に人気を集めています。

各スクールの特徴

各スクールの特徴

地域コミュニティが主催するスクールは、その地区の公共施設を利用することが多く、地元密着型という安心感とリーズナブル価格により余暇のために始めようという主婦や年配者の参加者が多いのが特徴です。一方、メーカー主催のスクールは経験者向けのプログラムが主流。フィットネスジム系は比較的オールマイティにプログラムが用意されている上、講師陣も、技術、接客ともにプロフェッショナルがそろいます。

スクール選びのポイント

スクール選びのポイント

いざスクールに通うとなっても、これだけ巷にあふれていると何を基準に選んでいいか迷ってしまいがち。テニススクールにはたくさんのプログラムが用意されていても、「初心者に強いスクール」「試合レベルに向けたスクール」「プロ育成向けのスクール」と、スクール側が重きを置いているスタンスは様々。ここでは、初心者でも安心して通えるスクールの見分け方をご紹介します。

コーチについて

コーチについて

スクールのコーチはアルバイト任せではなく、社員やプロが担当してもらえるかを確認。

クラスの人数構成

クラスの人数構成

大人数で楽しく学ぶのもスクールの魅力ですが、初心者は基本的な技術を細かくレクチャーしてもらえるかが上達の鍵。1人のコーチに6人程度の割合が理想です。

クラス分けが細分化されているか

クラス分けが細分化されているか

「初心者歓迎」とうたっていても、実際受けてみたら経験者ばかり、というケースも。授業についていけず上達もできない上、受講料も無駄になってしまいます。

コートもチェック

コートもチェック

コートには砂入りの人口芝、土のクレイコート、アスファルトのハードコートなど種類があります。それぞれ長所、短所がありますが、初心者の場合、足腰に負担が少ない砂入りの人口芝、土のクレイコートがオススメ。一方、実際に試合などに参加している経験者には試合と同じ条件のハードコートでの訓練が必要になります。