施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のスポーツショップ情報を無料で検索できます。

ホームメイトスポーツショップリサーチ

スポーツ情報

体幹トレーニング



体幹トレーニングとはコアトレーニングとも呼ばれ、顔や手足を除いた胴全体、具体的には腹筋、背筋などを鍛える筋肉トレーニング。サッカー日本代表の長友佑都選手のパーソナルトレーナー、木場克己氏が第一人者とされ、現在は多くのフィットネスやヨガ教室などで取り入れられています。

体幹とは?

体幹とは?

文字通り体の幹となる部分を指し、肩から腹部、背中側の筋肉に加え、背骨や肋骨、肩甲骨などの骨も体幹の大きな土台。腕や足の筋肉が発達していても、土台である体幹部がしっかり機能していないとバランスが取り辛く、疲労の原因となるほか、体幹部分は人間にとって重要な内臓器官を守る役割もしているので、内臓が下垂し機能が低下するともいわれています。

体幹には胴体の曲げ伸ばしのほか、姿勢を保ち、体全体のバランスを整える役割を担っていますが、デスクワークやゲーム、テレビの前から動かない現代人は体が固くなり、体全体の稼動域が狭くなっているのが現状。そんな体を柔軟に、歩いたり走ったり、運動する際の動的な状態にも無理なく対応できる体に促すのが体幹トレーニングの特徴です。

体幹を鍛えるには?

体幹を鍛えるには?

胴体の基盤となる骨盤、背骨、肩甲骨を支えているのは、骨周りにある内側の小さな筋肉で、深層筋と呼ばれています。この深層筋こそがインナーマッスル。一方、トレーニングマシンなどで鍛えられる筋肉はアウターマッスル・表層筋と呼ばれ、表層筋は鍛えることによって太く、重くなりますが、どんなに表層筋を鍛えても、インナーマッスルが衰えていては骨格を支えられないのです。つまり、体幹トレーニングとは、インナーマッスルを鍛えることにほかならないのです。

体幹トレーニングのメリット

体幹トレーニングのメリット

体を支えるための最も重要な部位なので、体幹が正常でないと正常を保つために筋肉や関節に不必要な負担がかかり、頭痛や腰痛、関節痛を引き起こすほか、むくみや冷え性症状が悪化し、生活に支障をきたします。そういったトラブルを防ぐのはもちろん、下記のようなメリットが期待されます。

  • 体が柔軟になることで怪我の防止に
  • 疲れにくい体質に改善
  • 骨盤が正しい位置になり、美しい姿勢に
  • インナーマッスルは脂肪燃焼効果が高いため、代謝が促進され、痩せやすい体に

体幹トレーニングの方法

体幹トレーニングの方法

インナーマッスルをしっかりと意識し、小さな動きでストレッチを行なうのが特徴です。正しい動作をすれば少ない回数でしっかりと効果が期待できるため、筋肉や関節を痛める心配もありません。また、インナーマッスルは表層筋に比べて筋組織が強く、筋肉痛が起こりにくいことから、毎日続けても体に負担やストレスがかからないのも長続きできる利点です。

体幹には様々な筋が関係し、それに比例してトレーニング方法も数多く存在します。さらに、体幹のトレーニングといってもその方法は多種多様。正確な知識をしっかりと理解して、誤ったトレーニングにならないように注意しましょう。