ご希望のスポーツショップ情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトスポーツショップリサーチ

スポーツ情報

エリア別オススメ山・高原をご紹介



登山・トレッキングの憧れの地といえば、代表的なのは日本アルプスです。中高年登山者のバイブルといっても過言ではない、『日本百名山』(深田久弥著)にも日本アルプスの山々が最も多く掲載されています。しかし、日本各地にはアルプス以外にも、登山・トレッキングを満喫できる山がたくさんあります。ここでは中低山も含めた、初心者でも山ハイキングに適した軽登山・トレッキングコースをエリア別にご紹介します。

北海道・東北

北海道・東北
利尻山(りしりさん) 標高1,721m
別名「利尻富士」とも呼ばれ、北の秀峰として多くの登山者を魅了しています。また「花の百名山」にも選定される程、多種多様な花が咲き乱れ、歩く人の目を楽しませてくれます。
岩木山(いわきさん) 標高1,625m
津軽国立公園に属する岩木山は、東北地方でも人気の名山。どの場所から眺めても裾野が広がり、威風堂々とした姿を見せてくれます。独立峰のため、山頂からは360度の展望が得られます。

関東

関東
那須岳(なすだけ) 標高1,917m
山頂直下までロープウェイが通じ、ロープウェイを利用すれば40分程で山頂に達することができるため、初心者でも楽に登ることできるのでオススメ。春はツツジ、秋は紅葉が美しく、多くの観光客や登山者が訪れています。
赤城山(あかぎさん) 標高1,828m
上毛三山の一峰として、群馬を代表する名山です。6月初旬から7月上旬まで満開のツツジが咲き誇ります。北登山口から1時間50分、南登山口から駒ケ岳を経て2時間20分と、初心者でも登りやすい山として人気です。

北陸・中部

北陸・中部
能郷白山(のうごうはくさん) 標高1,617m 
白山信仰の山であり、白山の開祖・泰澄(たいちょう)大師によって開かれたと伝えられている山です。4~5月にはカタクリ・コブシ、10月にはリンドウなどが咲きます。山頂は笹原になっているので、展望も美しく、伊吹山・恵那山などが望めます。
御在所岳(ございしょだけ) 標高1,212m
鈴鹿国定公園の中に位置し、麓の湯の山温泉には、ホテルや民宿が立ち並ぶ観光名所としても有名です。山頂までロープウェイが運行され、万が一の場合、ロープウェイを利用できるというのもあって、初心者のハイキングにも人気です。

関西

関西
伊吹山(いぶきやま) 標高1,377m
琵琶湖から仰ぐ姿は名山にふさわしく、日本百名山にも選定されています。夏期は日中の暑さを避けるため、夜間登山が盛んな山です。7~8月は夜間山行でご来光を仰ぐのは、夏の風物詩としても親しまれています。
六甲山(ろっこうさん) 標高931m
神戸市の市街地の西から北にかけて全長30kmにわたり、連綿と横たわる山系です。六甲山系の登山道は無数にありますが、最も親しまれているルートは、芦屋川からロックガーデン、東おたふく山を経由して最高峰に至るものです。

中国・四国

中国・四国
大山(だいせん) 標高1,729m
鳥取では「伯耆富士」、島根では「出雲富士」と呼ばれる、中国地方最高峰の山です。日本海に面した独立峰のため、冬期は「寒気の吹き出し」の影響を日本で最初に受ける山でもあり、西日本最大のスキーのメッカとしても親しまれています。
剣山(つるぎさん) 標高1,955m
西日本では石鎚山につぐ、第2の高峰を誇ります。登山口から登山道の中央付近まで登山リフトが設置されていて、初心者も気軽に楽しめる山です。山頂からの展望が良く、徳島県内の主要山はもちろん、石鎚山も望むことができます。

九州

九州
九重山(くじゅうさん) 標高1,791m
1,700m以上の山が10座、1,000m以上の山が40座あり、九州本土の最高峰である中岳もそびえ「九州の屋根」といわれています。一部の山を除き、ほとんどが草原で覆われ、北には飯田高原、南には久住高原があり、国内屈指の広さと美しさの火山性草原を展開しています。
開聞岳(かいもんだけ) 標高924m
薩摩半島の南端に位置する独立峰で、「薩摩富士」の別名を持つ美しい山です。標高924mと、日本百名山の中では低山ですが、海抜0m付近からの登山になるため、標高差は900m以上になります。山頂からは北側に池田湖、南側に太平洋と360度のパノラマが得られます。