ご希望のスポーツショップ情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトスポーツショップリサーチ

スポーツ情報

山・高原の選び方



これから登山・トレッキングをスタートする方にとっては、どこの山に登ったらいいのか悩むところ。まずは、書店や山用品店で「山のガイドブック」を購入しましょう。自分が住んでいる近場の「低山」「日帰り登山」が中心に掲載されているガイドブックを選択するといいでしょう。難易度別におすすめのコースや、アクセス情報などが掲載されています。行きたい山を決めたら、より詳しい情報が掲載されている、「山と高原地図(昭文社)」などを入手して事前に情報収集を。

山を決める(登山コースを決める)

山を決める(登山コースを決める)

はじめは、近場で難易度が低いメジャーな山を選びましょう。難易度は、季節・コースの長さ、高低差、道の険しさなどから算出されています。ガイドブックによっては分かりやすく難易度が「★」の数で示されています。「★」の数が少なく、行動時間が往復で4~5時間程度のコースがオススメです。さらに、自宅から山までのアクセスと、日照時間を考慮した上で山を決めましょう。山の中は木がうっそうとしているため、街中より足元が早く暗くなります。最低でも、日の入り30分前には下山が完了しているコースを選ぶと安心です。

山とコースに関する情報を収集する

山とコースに関する情報を収集する

コースが決まったら、その山・コースの詳しい情報が掲載されている「登山地図」を購入しましょう。昭文社から販売されている「山と高原地図」シリーズは、全国各地の山が網羅されています。該当する山が掲載されている地図を購入し、標高・高低差・コースタイム・山小屋の位置(名称)・危険個所やコースの特徴などを確認します。またインターネットで、選択したコースを実際に登山・トレッキングしている方のブログなどを参考にしても良いでしょう。

登山地図(山と高原地図)の内容

登山地図(山と高原地図)の内容

登山地図には登山・トレッキングを安全に楽しくするための情報が詰まっています。また素材も、水にぬれても破れにくい素材を使用し、インク脱落防止の加工が施されています。ガイドブックより詳細な下記情報を登山地図で確認し、計画を立てましょう。

  • 標高
  • コースタイム(一般的な歩行時間)
  • 山小屋の位置と名称
  • 水場の位置
  • 登山道、山、登山道上のポイント
  • 危険個所やコースの特徴
  • 山小屋の連絡先や営業時間 など

登山地図(山と高原地図)の見方

登山地図(山と高原地図)の見方

整備された登山道が、赤線で表記され、コースタイム(所要時間)が記載されています。記載されているコースタイムは、標準的な登山経験者の歩行時間です。休息や昼食時間は含まれていません。初心者は、登山・トレッキングの歩行スピードも考慮して、表記されている1.5倍~2倍の時間がかかると考えて計画を立てましょう。地図には、危険個所や展望地、花畑などの情報が記載されています。それらを参考に、休憩や昼食を取る場所を事前に決めておくと良いでしょう。また、歩くコースとコースタイムを、小さなノートに写して、歩行時に照らし合わせながら登山するのもおすすめです。実際にかかった時間をメモしておくと、今後の登山・トレッキングの参考になります。