施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のスポーツショップ情報を無料で検索できます。

ホームメイトスポーツショップリサーチ

スポーツ情報

スポーツショップでの登山・
トレッキングシューズの選び方



登山・トレッキングの道具の中で、最も慎重に選びたいのが登山靴・トレッキングシューズです。人の足は夕方にかけて大きくむくむので、できるだけ午後の時間帯にフィッティングするようにしましょう。登山用品店には、ハイキング用から本格的な雪山用まで、様々な登山靴やトレッキングシューズ・トレッキングブーツといったアウトドアブーツが販売されています。デザインや価格だけで選ばず、店員に相談するようにしましょう。

登山靴・トレッキングシューズの素材について

登山靴・トレッキングシューズの素材について

凸凹した地面や傾斜がある山道など、足場の悪い道を歩く登山・トレッキングでは、捻挫や骨折など、思わぬ事故に見舞われます。厚みがあり固めのソールなら、岩場でも安定した歩行を可能にしてくれます。また、川渡りや水溜りも多いため、浸水を防ぎ、長時間歩行によるムレを軽減してくれる素材が必要不可欠です。「ゴアテックス」のような、透湿性に優れた素材を選ぶと良いでしょう。

登山靴・トレッキングシューズのサイズについて

登山靴・トレッキングシューズのサイズについて

足場の悪い山道では、足裏・左右方向にも体重がかかります。そのため、足の長さ(サイズ)だけでなく、足の横幅(ワイズ)あわせも重要です。標準的なワイズは「2E」ですが、日本人の足は横幅が広く、甲が高い傾向があるため「3E」や「3E+」の製品がフィットしやすいそう。自分の足にあったワイズで製品を絞り込み、様々なメーカーの製品を履き比べることで、履き心地の良さが分かってきます。また、登山・トレッキングでは、厚めのソックスを履くことが多いため、普段履いている靴よりワンサイズ大きいサイズにしましょう。

登山靴・トレッキングシューズのデザイン

登山靴・トレッキングシューズのデザイン

値段もお手頃で、デザイン性も高いミッドカットのトレッキングシューズも多数登場していますが、ケガ防止を考えるなら、足首まで守ってくれるハイカットを選びましょう。長時間歩いても足首が痛くならないよう、アッパー部分が柔らかいものがおすすめです。普段履いている靴に比べ、登山靴は固めに作られています。そのため、どんなに優れたシューズでも、履き始めは足が当たって痛くなる箇所がでてきます。登山・トレッキング中に足が痛くなってしまうと、大変危険です。本番までに、必ず履き慣らしを行ない、本番の不安を無くしておきます。履きなれると徐々に靴が足の形状に合ってきます。何日間に渡って慣らし作業をすると良いでしょう。

登山・トレッキング用のソックス

登山・トレッキング用のソックス

登山靴・トレッキングシューズを選んだら、ソックスも一緒にそろえましょう。速乾性や保温力、通気性などに優れたソックスが多数販売されています。デザインやカラーバリエーションも豊富です。ショップによっては、試着用のソックスが用意されていますので、ソックスを装着した上で、シューズの履き心地を確認すると良いでしょう。靴ひもを締めない状態でつま先を靴の先端にあわせた時、かかとに指一本分くらいの余裕があるのがベストです。