ご希望のスポーツショップ情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトスポーツショップリサーチ

スポーツ情報

名古屋ウィメンズマラソン



名古屋市内で開催されている名古屋ウィメンズマラソンとは、その名のとおり、女性ランナーのみで構成されるフルマラソン大会。大会では女性のエリートランナーと市民ランナーが集結し、熱い闘いを繰り広げます。

名古屋ウィメンズマラソンの前身

名古屋ウィメンズマラソンの前身

32年もの歴史を刻み、オリンピックや世界選手権、アジア選手権の代表選考会として、数々の名勝負を生んできた「名古屋国際女子マラソン」が前身。名古屋国際女子マラソンの第一回目の大会となったのは1980年(昭和55年)の「中日女子20キロロードレース」。日本で初めての公認女子レースとして注目を集めました。1984年(昭和59年)、同年のロス五輪オリンピックで女子マラソンが正式種目となるのを機に、本大会もフルマラソンの大会へと移行し、2010年(平成22年)まで開催されました。

名古屋ウィメンズマラソンとは

名古屋ウィメンズマラソンとは

名古屋国際女子マラソンのエリート型マラソンの方針を大きく転換し、一般女子ランナーも参加する市民参加型のシティマラソンの大会へとリニューアル。名古屋ウィメンズマラソンとしては初年度となる2012年(平成24年)の大会では、タレントの長谷川理恵、安田美沙子、道端ジェシカの3人をオフィシャルサポートランナーとして起用。参加者は13,114人が募り、ギネス世界記録の「参加者1万人以上」という認定基準を上回ったことから、「世界最大の女子マラソン」としてギネスにも認定されました。また、本大会では、横浜国際女子マラソン、大阪国際女子マラソンとともに、夏季オリンピック、世界陸上競技選手権大会、アジア競技大会の女子マラソン代表の選考も兼ねられているため、国内外からトップアスリートが集結。ハイレベルなレースは全国で生中継されるなど、名実ともに注目を集めている大会です。

完走者への記念品

完走者への記念品

フルマラソン完走者には、世界のプレミアムジュエリーブランド「ティファニー」が名古屋ウィメンズマラソンのためにデザインされたオリジナルペンダントとナイキのフィニッシャーTシャツが贈られます。ペンダントの贈呈はフィニッシュゲートの先にティファニーゲートが設置され、完走者一人ひとりに手渡されます。ティファニーによる完走賞の提供はサンフランシスコで開催される「ナイキウィメンズマラソン」に次いで世界で2レース目。

コース

コース

日本陸上競技連盟公認で、名古屋国際女子マラソンの名古屋市瑞穂公園陸上競技場発着のコースから、ナゴヤドーム発着に変更。テレビ塔や100m道路、名古屋城などの市内の名所を巡る42.195kmのルートで開催されます。

マラソンフェスティバル ナゴヤ・愛知

マラソンフェスティバル ナゴヤ・愛知

本大会は毎年3月上旬に開催される「マラソンフェスティバル ナゴヤ・愛知」のメインイベント。このフェスティバルでは、男女約1万5000人が参加する大規模の市民マラソン大会「名古屋シティマラソン」も同日開催される他、大会のスタート地点となるナゴヤドームでは、スポーツ、健康、美容などに関連した企業ブースや、飲食ブース、ステージなどで構成されるマラソンEXPOも開催されます。名古屋シティマラソンは、ハーフマラソンと10kmマラソンにて行なわれるので、ビギナーでも参加しやすいでしょう。