ご希望のスポーツショップ情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグモール
スポーツショップ
トップページへ戻る
トップページへ戻る

スポーツ情報

ランニングコースの選び方



心おきなくランニングを楽しむには、好きな道というだけでなく、安全で走りやすい環境をも考慮することが必要。初心者の場合は最近人気の「マニラック」のように、景色やプラスαを楽しめるジョギングコースを選ぶと、娯楽としてランニングを楽しめます。

特定のルールもなく、気軽に始められるのがランニングの魅力ですが、コース選びはそのあと長く続けられるかを左右する重要な鍵。場所には決まりはありませんが、信号や車通りが多い、道が狭いなど、走行や通行者にマイナスとなるルートは避け、ジョギングを集中できる快適な立地を選びましょう。

主なランニングコース

主なランニングコース

ビギナーでも走りやすい主なランニングスポットをご紹介します。

公園
車やバイクが入ることのない公園は安全そのもの。大きな公園であれば周回コースも整備されているうえ、トイレや自販機、夜間照明といった設備も万全です。
河川敷
平坦で信号もないため、まっすぐの距離を自分のペースで走ることができ、あらかじめ5km、10km、15kmなど、折り返し地点を決めておけば、その日の気分や体調に合わせて走行距離をアレンジできます。水辺という爽快感もリフレッシュ効果大。街灯がない場合がほとんどなので、夜間走行には不向きといえます。
陸上競技場や公営の体育館
利用には料金がかかりますが、ほとんどの場合市町村が管理する公営なので数百円程度。コースの設備がしっかりと整えられ、走りに専念したい場合や、本格的にランニングを始めたい場合に最適。トイレ、シャワー室なども完備しているのもメリットです。

マラニック

マラニック

マラニックとは「マラソン」と「ピクニック」を合わせた造語で、野山などの景色を眺めたり、 途中で食事をとったりしながらピクニック感覚でランニングを楽しむというもの。グループでわいわいと楽しめ、通常より長い距離と時間を走れてしまうとビギナーの間で評判です。

コース選びのポイント

コース選びのポイント

「景色が好き」「自宅から近い」など、選ぶポイントは人それぞれですが、さらにオススメの選び方や、注意点を下記にまとめました。

コースは2~3箇所選んでおくと◎
毎回同じコースを走るのは、時間や距離を把握しているためトレーニングには効果的ですが、同じ景色に飽きてしまい、マンネリ化してしまうのが難点。コースは2~3パターン用意して、その日の気分で選ぶのがオススメです。
コースの舗装
ジョギングのコースには、基本的にアスファルト、芝生、土の3種類があります。アスファルトは平らに整えられ、走りやすい利点がありますが、芝生や土と比べ足への負担が強いのが特徴なので、走る際は衝撃を和らげるランニングシューズを着用しましょう。
人通り
人通りの多い道は歩行者の邪魔になり、自転車なども通行するので走りにくい一方、人通りの少ない道は犯罪など危険が伴う恐れがあります。人通りの多い場所の場合、極力道幅が広いこと、人通りが少ない場所は早朝や夜間は避け、日中のみの利用にするなど配慮が必要。夜のランニングには、夜間ランナーも多く訪れる公園などのジョギングコースが安心です。