施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のスポーツショップ情報を無料で検索できます。

ホームメイトスポーツショップリサーチ

スポーツ情報

スポーツショップでの
ランニングシューズの選び方



軽い気持ちで始められるランニングですが、走るという動作は足への負担は避けられないもの。ケガの回避やリスク軽減のためにも、シューズ選びは慎重に行なう必要があります。

スポーツを行なうときに履くシューズは、テニスやサッカーなど、そのスポーツの特性を考えて作られています。ランニングを行なうにはランニング用に作られたシューズを着用することで快適に走ることができますが、間違ったシューズ選びをしてしまうと足や関節にトラブルを引き起こしてしまう可能性もあります。下記のランニングシューズの選び方のポイントをチェックして、正しいランニングシューズを購入しましょう。

自分の足にフィットした靴選びを

自分の足にフィットした靴選びを

当然のことではありますが、サイズが少し合わないだけでも靴ずれやマメの原因になります。シューズはブランド別だけでなく、同じメーカーでもモデルによって長さや幅が異なるため、できれば測定器などが設置されているショップに足を運び、自分の正しいサイズにマッチしたランニングシューズを購入するのがベストです。

自己判断だけでなく、店員のサポートも

自己判断だけでなく、店員のサポートも

ショップにはランニングシューズだけでも多種多様なモデルが並んでいて、初心者にはどれがいいのか迷ってしまうもの。そんなときはショップ店員に相談をしてサポートしてもらうのが賢い買い物法。その際は「初心者なので趣味程度にランニングを始めたい」「本格的にマラソンにチャレンジしてみたい」など、目的をはっきり伝えることが重要です。それらのニーズに最適なシューズをセレクトしてもらえるでしょう。

走るときの足の状態が重要

走るときの足の状態が重要

人の体は起床後から血液の循環が鈍り、午後になると足はむくみ状態なので、走る時間帯と同じタイミングで靴選びを行なうのがベター。また、午後のむくんだ状態は、長距離を走った後に近いので、足の測定や購入は午後に行なうと良いでしょう。

軽量というだけで選ぶのはNG

軽量というだけで選ぶのはNG

ランニングにおいて、シューズは軽い方が走りやすいと思われがちですが、初心者の場合はフォームなどまだ慣れないことが多く、思っている以上に足やひざ、腰に負担がかかるもの。シューズを選ぶ際は、重量よりも底が厚めでクッション性があるものを。ランニング時の着地の衝撃を吸収する他、安定性も確保されます。

試着の際の確認ポイント

試着の際の確認ポイント

足はかかとに合わせ、靴紐を結びます。かかとをあげてみて足がずれたり、くるぶしに当たって違和感を覚えたりした場合はサイズが合っていない証拠。実際に店内を歩いたり、走っているときのフォームを確認したりしてフィット感を確かめましょう。また、靴下によっても足のサイズは左右します。ランニング時に履く靴下を履いて試着を行なうようにしましょう。

お気に入りが見つかったらもう1足購入するのが理想

お気に入りが見つかったらもう1足購入するのが理想

衝撃が多いランニングシューズは、それだけでダメージも倍増します。余裕があれば同じシューズを2足購入しておき、交互に履くことで、長持ちもさせられるうえ、お気に入りの靴でも雨の日走行や水洗いも安心です。シューズをはじめ、スポーツ用品は少量生産が主流なうえ、モデルチェンジも頻繁に行なわれます。せっかく自分にフィットした靴が見つかって、同じモデルを購入しようとしても、販売中止などの理由から手に入らないケースも多くみられます。