ご希望のスポーツショップ情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトスポーツショップリサーチ

スポーツ情報

専門スポーツショップ「サッカー」



サッカー用品の総合販売を行なっている専門店。プレイヤーのための競技用品のほか、「サポーター」と呼ばれる観戦者用の応援グッズも人気です。店舗販売やインターネットによる通信販売により、様々な商品が流通しています。

サッカーのルール

サッカーのルール

サッカーは、1チーム11人の2チームに分かれて行なう球技。足でボールを運びながら、制限時間内に相手ゴールに入れる得点を競います。基本は足を使用。手や腕でボールを故意に扱った場合は反則となりますが、そのほかの体の部分は使用できます。

Jリーグ発足による観戦グッズの登場

Jリーグ発足による観戦グッズの登場

国内では1993年(平成5年)に日本サッカー協会(JFA)の傘下団体として、日本プロサッカーリーグ(通称Jリーグ)が発足。これを機に国内でのサッカー人気が沸騰し、「サポーター」と呼ばれるサッカーファンが登場しました。競技用品のみならず、レプリカユニフォームや応援グッズなどの観戦グッズも流通。発足当初は1部制だったJリーグですが、1999年(平成11年)からJ1とJ2の2部リーグ制を導入。現在では30都道府県に本拠地を置く40のプロサッカークラブが加盟しています。クラブごとのオリジナル商品も充実していき、オリジナルグッズのみを扱う専門店もあります。

ワールドカップ出場にともなう日本代表の人気

ワールドカップ出場にともなう日本代表の人気

1998年(平成10年)、FIFAワールドカップ・フランス大会が開催。前回大会では"ドーハの悲劇"により出場権を逃した日本が、ワールドカップへ初出場を果たしたことで話題に。日本代表への注目度も上がり、代表選手が着用しているスパイクのほか、日本代表のレプリカユニフォームの人気も高まりました。サッカーファンの裾野が広がると同時に、サッカー専門店の需要も一気に増えました。

欧州リーグへの日本人選手の移籍

欧州リーグへの日本人選手の移籍

近年、Jリーグや日本代表での活躍を機に、欧州リーグへの移籍を果たす日本人選手があとを立ちません。香川真司や長友佑都など、日本代表で活躍する選手を筆頭にイタリア・セリエAやイングランド・プレミアリーグなどのビッグクラブで活躍する日本人選手も多く、彼らの活躍を観に現地への観戦ツアーに参加するサポーターも増えています。

サッカー専門店とそれぞれの特徴

サッカー専門店とそれぞれの特徴

競技者を対象としたサッカー用品を専門に取り扱う店舗や、レプリカユニフォームなどサポーターを対象とした観戦グッズを中心に取り扱う店舗など、その形態は様々。海外リーグの人気上昇にともない、海外の人気クラブのオリジナルグッズを通信販売で取り扱う店も増えています。

サッカーの人気専門店

サッカーの人気専門店
スポーツショップ加茂
1968年(昭和43年)創業、大阪や首都圏を中心に全国17店舗を展開(2013年(平成25年)7月現在)し、スパイクやサッカーボール、ウェア、バックなどを販売。レプリカユニフォームは日本代表をはじめ、Jリーグ各クラブ、プレミアリーグやセリエAなど海外人気クラブのものまで各種取り扱っています。インターネットによる通信販売も実施。
Footing
フタバスポーツ原宿店が運営するサッカースパイク・フットサルシューズの専門店で、約1,000種類、25,000足以上を取りそろえています。3D足型測定機でプレイヤーの足型を診断し、専門スタッフがそれぞれに適したシューズを提案してくれるのも特長。そのほかにも刺繍加工やつま先けずり、ビス打ちなどにも対応してくれます。
SPORTS WEB SHOPPERS(SWS)
サッカーグッズ専門のオンラインショップ。各種サッカーグッズを販売しており、特にサッカースパイク・フットサルシューズの取り扱いが豊富。「シューズチャート」というコーナーでは、スパイクの担当スタッフ自らが実際に各シューズの履き心地をチェックしたコメントを紹介。サイズ選びなどの参考になります。