ご希望のスポーツショップ情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトスポーツショップリサーチ

スポーツ情報

「アルペン」のハウスブランド



アルペンといえば、自社開発のハウスブランドが多彩なことでも有名。ナショナルブランドにも引けを取らないハイクオリティかつ低価格のコストパフォーマンスで多くのスポーツ愛好家を魅了しています。

アルペンが独自のブランドを立ち上げたのは1972年(昭和47年)の創業から間もなくで、プライベートブランドの先駆者ともいわれています。製造元と協力して開発する通常のスタイルではなく、企画、製造、輸入、物流まですべてを自社でまかなっているのも特徴です。現在プロデュースしているブランドは全部で13ラインと、スポーツショップの枠を超えたラインアップ。その主なブランドの特徴をご紹介します。

IGNIO(イグニオ)

IGNIO(イグニオ)

アルペングループ集大成ともいえる看板ブランド。各種スポーツのウェアや用具をはじめ、機能性下着、フィットネスジムさながらの本格派トレーニングマシンまで多種多様。日本人の足型、約10,000人のデータをベースに設計を行ない、フィット性、歩行・走行性、安全性を重視するシューズなど、研究と品質も徹底したこだわりよう。

TIGORA(ティゴラ)

TIGORA(ティゴラ)

機能性を求めるため、素材を一から研究し、筋肉の伸縮をより深めるウェアなど、アスリートのトレーニングを最大限に強化させるために誕生したブランド。従来のアスリート向けにはない、カラーリングやデザイン性も演出しています。

FABLICE(ファブリス)

FABLICE(ファブリス)

シルエット、色使い、機能性に至るまで妥協を許さず常に最先端を追求するスキーウェアブランド。世界クラスのアスリートからの信頼も厚いハイグレードのラインがそろいます。

Hart(ハート)

Hart(ハート)

スキー、スノーボードのギアとシューズが専門。世界大会で表彰台の常連となっているモーグルモデルや、あらゆる雪質、斜面において高い滑走性を誇るオールラウンドモデルなど、どれも確かな効果を発揮するプロダクトばかり。

FORIO(フォリオ)

FORIO(フォリオ)

目、頭を保護するというポリシーを忠実に守る、ゴーグル、サングラス、ヘルメット専門ブランド。日本人と欧米人の骨格の違いを分析して、日本人にとって快適なフィット感を実現。1998年(平成10年)の長野冬季大会で、日本人初の女子金メダリストとなった里谷多英選手愛用ゴーグルブランドとしても有名です。

SOUTH FIELD(サウスフィールド)

SOUTH FIELD(サウスフィールド)

アウトドア用品全般を展開。クッキング用品から大型テントまでアウトドアアイテムをトータルにコーディネートできるうえ、多くの特許、意匠権を取得しており、本格派キャンパーはもちろん、使いやすさとお手ごろ価格が初心者にも大人気。

kissmark(キスマーク)

kissmark(キスマーク)

日本とドイツ、USAの共同プロジェクトで1997年(平成9年)に発足。スノーボードなどの横乗り系ギアとウェアの展開に加え、近年ではフィットネスやダンスウェア、メンズ・レディースのストリートファッションアイテムも多数プロデュース。ウェアは汗を素早く吸収して乾燥させる独自の素材「KISSDRY」を取り入れ、快適さとファッション性を融合させています。アルペン神田店B1Fにはkissmark単独ショップも誕生するなど、高いブランド力を発揮しています。